作 品 集

1959年 書海社・松本芳翠先生没後 現理事長・谷村喜齋先生に師事してきました。

それぞれの作品をクリックして、解説のページにお入り下さい。
「讀賣書法展」
漢字部門に出品し入賞、<秀逸>を頂きました。

平成18年8月13日(日)〜19日(土)

東京・池袋サンシャインシティー/文化センター

ご来場ありがとうございました。


「書海社師範展」 平成18年5月30日〜6月4日 (東京銀座画廊・美術館)
清時代の書家、呉煕載 (字を譲之・号を晩學居士と称し、19世紀中ごろに活躍) の作品に挑戦しました。 → 解説のページ
ご来場ありがとうございました。
 平成18年1月 「書海社展」   (東京都美術館/上野公園)
「昇殿之榮」
(松本芳翠先生詩集より)
作品の制作には,選文で苦労致します。

この作品は、松本芳翠先生のお作りになられました漢詩5種を1つの作品に仕上げました。

偉大な芳翠先生の楷書には近寄りがたさを感じながら、それでも挑戦した作品です。

「昇殿之榮」
 平成17年8月 「読売書法展」   (サンシャインシティー/東池袋)
 平成17年6月 「書海社師範展」  (東京オリエンタル美術館(銀座))
森羅万象」(2005. 5)
「和敬静寂」 (2005. 5)
 平成17年1月 「書海社展」(上野美術館)
「周天球の詩」 [呉]
平成16年10月 「書海社女流展」(銀座鳩居堂)
 平成16年1月 「書海社展」(上野美術館)
(このホームページに掲載されている画像の無断コピー、転載を禁じます。)
第9回 書海社同人選抜展
銀座で楽しむ 「書道の世界」
10月3日〜8日 
会場 : 東京銀座、鳩居堂画廊 
ご来場有り難うございました。
2016年

第34回書海社師範展」

出品作品

(2017年台湾でも開催)

自詠の漢詩を自分の字体で

書いたものです。

2017年

第35回書海社師範展」

出品作品

今回も、自詠の漢詩を

自分の字体で書いたものです。


2018年 出品作品

「第21回同人選抜展」(右) →

東京銀座鳩居堂 10/2-10/7

「第66回書海社展」(下)↓

東京都美術館 1/28-2/3

「親の介護で長いブランクが有りましたが

今年は何とか大作に取り組むことが出来ました。」